2016.03.26 Saturday

僕の趣味にお金がかかりすぎる話

どうも、

爽やかな朝からこんなブログを見てしまった
不幸な方はおはようございます。
昼間からすることもなく
こんなブログを開いてしまった方はこんにちは。
夜なのにディナーに行く恋人もいなく
こんなブログを見てしまった方はこんばんは。

 

はじめまして、装置新2年の鈴木です。

ゆゆ式のBGMを聞きながらWordをカタカタさせています。
やはりTekiPakiは素晴らしい。

あ、実はこの劇研ブログを書くのは今回が初めてです。
今までしばしばいろんな部員たちがブログを上げていくのを見て僕も書きたいな〜いいな〜とか思いながら
ゆるゆりを見ながら待っていたら
一回も誘われず1年がたとうとしていました。
そもそもそう思うならゆるゆり見ずにもっと部室にいろって話なんです。
来年度から頑張る。
なので本公演の演出さんにブログ書きたいですと
机の上で土下座したところ
優しい美人の演出さんは快く承諾してくださいました。
本当にありがとうございます。

でもブログ書きたいとか言ってるわたくし
実は本4月公演に参加しておりません。

公演の準備の様子が知りたい!
と思ってブログを見てくださった方。
本当に申し訳ありません。
記者会見で号泣した議員のごとくお詫びいたします。

 

でも私がわかる範囲で公演の準備の様子をすると
今日(3/26)と明日(3/27)はテクリハが行われています。
普段はテクリハは1日で行うものですが
(←最近は1日が多いの間違いです 管理人より)
本公演はダブルキャストという形式をとっているため
2日かけて行(うらしい)います。

あ、あと今新入生歓迎用の部署紹介アルバムを作成しています。
私の部署の新二年には大変非常にものすごく残念ながら女子が0人のため
男子がやらねばならずわたくしが作りました。
センスもかけらも財力もない紹介になっていますが
よかったら見てください。
(後終わってるのが照明さんだけだったんですが月曜日までに間に合うのでしょうか、、、)

公演情報はこれくらいにして本題の私の趣味の話をしましょう。

別に興味ない、聞きたくないという方はPCの方は
左上のボタン、アンドロイドの方は左下のバックボタン、
iPhoneの方は前にしか進めないのでこのまま読み進めてください。

 

私の趣味。それはアニメ、そしてディズニーです。

これを聞いて気づくことはありませんか?

そうです。

両方アホみたいにお金がかかります。

趣味になった順にまずディズニーからお話ししましょう。

私がディズニーにはまり始めたのはたぶん2008年の時。
そうです。TDR25周年の時。

東京ディズニーリゾート最盛期です。個人的に。

入園者数、利益、客単価は当時より今のほうが上がっています。
去年の3月期は入園制限連発。
12月アナ雪イベント効果で連日この時期とは思えないほど混雑し
「消えた閑散期」なんて言われました。
しかしこれに反比例しショーやエンタメへの投資は
2008年ごろをピークに年々減少し続け
今はランド単体のころと同水準まで落ち込んでいるらしいです。

それが客側から見て気づかなければそれは一番いいことです。
ただ現在の状況は誰がどう見てもエンタメ費用の削減が目に見えています。
シーの昼のショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の後継ショーの発表はいまだなし。
ランドのキャッスルショーは「ワンスアポンアタイム」をやるからという名目で
シンデレラ城前にステージは組まれなくなりました。
これはエンタメを例にしましたが昔からディズニーに通っていた人は
最近のパークはうーんとなってしまう部分が多いと思います。

 

なのに先日OLC(TDR運営会社)はチケットの値上げを発表しました。
これにはファンの中でtwitter等で疑問が沸き起こりました。
「本当に値上げするだけの体験価値向上はあったのか?」と。

もちろん一昨年前発表された将来の5000億円の投資に向けた資金確保というのは頭にあります。
ただ、ゲストを今のように扱うような状況ではコアなファンは逃げていくのではないかと思ってしまいます。

もうすぐ始まる西(USJ)と東(TDS)のアニバーサリー。

夜パーク中から花火を惜しげもなく打ち上げ盛大にお祝いする西
アニバーサリーショーを小さなグリーティングだけで乗り越えようとする東。

あなたが行きたいのはどっちですか?

 

・・・すみません、話がそれた上に熱くなってしまいました。

話を戻しましょう。お金のかかるという話。

 

上でずらずらとこんなことを書いていますが
ほんとに私はTDRが好きです。
だからこそ好きな場所をダメにしてほしくないという思いで
いろんなことを思ってしまうわけです。

なのでTDRにはほどほどに行きます。


今数えたら去年は7回パークへ行っていました。
1デーパスポートが6900円なので単純計算で48300円です。
まぁキャンパスデーとかいろいろ割引を使うのでもう少し安いですが。

ちなみに2パーク年間パスポートは86000円なので到底元が取れてません。

よく年パス買わないの?って聞かれますが
買わないのは年パスが高すぎて、到底元が取れない。
それだけの理由です。

で、この入園費に交通費、パーク内での食事代に加えて
年間大体8万位を溶かしています。

これだけでやばいです。
さらにアニメが加わります。

 

私がアニメにはまったのはたぶん2011年日常を見たのが一番最初だと思います。

なので新参でありニワカです。
らきすたや、けいおん!の時代を知りません。

その後アニメにはまり、去年ついに円盤に手を出してしまったのが終わりの始まりでした。

最初にお話しするとアニメのこの話が見たいからという理由では円盤は買いません。

だってテレビとか配信サイトでたくさん見てるんだから。

ではなぜこいつらは17560円もする円盤を買うのかというと
そのアニメが本当に素晴らしくて制作者の方々に対価を払いたいと思ってという理由と
二期、三期をやってほしいから。
やはりこれに尽きるでしょう。

誰でも面白かったと思った作品は続編が見たいものです。

でも作っている人たちもボランティアで作品を作っているわけではありません。

ご飯を食べていくためにやっています。
なので二期をやってほしければ黒字になるだけの売り上げを確保し
さらに二期を製作するだけの資金が確保できるだけの売り上げがなければなりません。

なので円盤を買う人はそういう思いで高いお金を払って購入しています。

私もその一人です。


去年の3月に買ったのが一番最初(冴カノでした())
なのでそれから今までに買った円盤の数を数えてみると12枚ありました。

こちらも単純計算してみると総額90720円・・・

さらにCDやグッズも購入しているので12万円は確実に溶かしています・・・

え?

まじか

予想以上でした()

 

よって僕はディズニーとアニメ合わせて
年に18万円以上は使ってるらしいですよ笑他人事

 

以上私の趣味にお金がかかるというお話でした。

 

 

ここまで読んでくれた方、




時間、無駄にしてますよ。

 

 

以下、公演情報です。
-------------------------------------
東京農業大学農友会演劇研究部
平成28年度4月雪溶け公演
『夕鶴』
作:木下順二
演出:鈴木千尋
【作品紹介】
いつ、どことも知れぬ雪の中の村での物語―――。
童話「鶴の恩返し」を元に作られた、作家木下順二の傑作。
童話より複雑で、「お金」に取りつかれていく人間と
「お金」を理解しない鶴という対比により経済至上主義への批判を行っている。
今回、一部ダブルキャストという形で2つの新しい「夕鶴」が現代に甦る。
【日程】
2016年4月14日(木)〜17日(日)
【日時】
4月14日(木) 17:00
4月15日(金) 17:00
4月16日(土) 13:00 /18:00
4月17日(日) 14:00
※開場は上演開始の15分前
※上演時間は約60分を予定しております。
※一部ダブルキャスト有
<入場無料・予約不要>
【場所】
東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学世田谷キャンパス
常磐松会館(生協上)5F 演劇研究部アトリエにて
よろしければご覧下さい
劇研ホームページ
ツイッター
@nodaigekiken
-------------------------------------

2017.04.21 Friday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 22:59
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
愛が溢れてますね笑
思わず「へぇ」と言ってしまう記事でしたので、思い切ってコメント書いてしまいました。
公演、がんばってください。

より時間を無駄にしてみました笑
  • たまに見る人
  • 2016/03/28 11:18 PM
コメントする








   

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

SEARCH THIS SITE

4月見果てぬ僕公演「夜空が僕らを見つめてる」

東京農業大学農友会演劇研究部
平成28年度4月見果てぬ僕公演
「夜空が僕らを見つめてる」
作/辻野正樹 演出/飛田共樹

4月13日(木)〜4月16日(日)に4月公演を行うことが決定いたしました。
今回は4年生が引退し、世代交代をした初めての公演となりますのでまた今までとは違う雰囲気の公演になることでしょう。
あらすじや日程などの詳細は各記事の公演情報欄をご覧ください。
皆様のご来場心よりお待ちしております。

LINK

劇研HP
twitter
Corich!舞台芸術
※すべて農大劇研のページに飛びます

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK